ハイドロキノンの副作用が心配なあなたにおすすめの美白クリームがこれ
ホームボタン

ハイドロキノン配合の美白化粧品 副作用が心配なあなたにはコレ♪

ハイドロキノン配合の美白化粧品って、他の美白成分と比べても、美白効果が高いって口コミ評判で人気ですよね。でも、ハイドロキノンを使うと、肌が赤く炎症を起こしてしまったりするケースもあるって聞くし。あと、白斑(はくはん)っていう、肌の一部がが必要以上に真っ白になってしまった人もいって。

そんな話を聞くと、ちょっと怖くて、使うかどうか迷っちゃう。。でもね、そんな心配なく、安心して使えるハイドロキノン配合の美白化粧品も探せばあるんですよ。ちょっと説明しますね。

ハイドロキノンは本当の美白効果あり!

ハイドロキノンが入った美白コスメがこれだけ人気なのは、やっぱり効果があるからなんですよね。ハイドロキノン配合の美白化粧品を使った人たちが、「これはいい♪」ということで、口コミで人気がどんどんと広がったんです。

美白コスメっていろいろな種類があるかと思うんですけど、実はほとんどの美白コスメ商品って、予防効果だけなのを知ってました?説明をよく見ると、「シミを予防する」「そばかすを防ぐ」って書いてある。ほとんどの美白商品がそうです。あくまでも、予防。

ハイドロキノンっていう成分は、そうじゃなくって、出来てしまったシミを消す効果があるんです。あなたの求めている美白商品って、きっとそういうことですよね?

ハイドロキノンの副作用

理想の美白化粧品って言ってもいいハイドロキノン配合美白クリームなんですけど、副作用の例もあるって聞くと、なんだか心配になってしまうんですよね。肌が赤くかぶれてしまったり、ヒリヒリと痛んだり。ひどい場合は、逆に色素が沈着したり、白斑(はくはん)という肌の一部が極端に白くなってしまうケースもあるという。そうなってしまったらと思うと、正直怖くて..

ハイドロキノンの濃度がポイント

ハイドロキノンは美白効果があるからといって、濃度が高過ぎるものは危険。それだけ副作用の確立が高くなってしまいます。日本ではお医者さんの指導のもと、医薬品としては濃度5~10%の高濃度ハイドロキノン軟膏が処方されることもあります。でも、わたしたちが一般に市販で入手できるのは、濃度5%程度までのもの。

たしかに市販で販売されているハイドロキノン配合美白クリームをみてみると、4%位のものが中心ですね。

ハイドロキノンは、濃度が高ければ高いほど、美白効果はあるけど、その分だけ副作用のリスクは高くなる。逆に、低濃度にするほどリスクは減るけど、そのぶん美白効果の期待値も下がっちゃう。んー、なんだかジレンマですね。

実はアメリカでは2%未満

日本では市販で買えるハイドロキノン配合美白クリームは濃度4%程度までのものってお話をしました。でもアメリカでは、アメリカ食品医薬品局(FDA)の規制があって、4%以上は医師の処方がいるらしいです。お店とかで買えるのは、濃度2%未満の商品に規制されているという。

安全性を考えると、ハイドロキノンの濃度はきっと低い方でいいんでしょうね。でも、美白効果がなかったら意味ないですし..

配合1.9%だけど、4%の効果?!

ハイドロキノンの配合が低濃度だけど、美白効果はある。そんな美白クリームがあったとしたら理想的だと思いませんか?実は、あるんです。世の中、科学は進歩しているようで、そういうことを研究している人たちっているんですね。ハイドロキノンの配合を2%未満(1.9%)に抑えつつ、その美白効果は4%と同じにする技術開発に成功したんです。それがビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」という商品。

アメリカの浸透テクノロジーの第一人者、ブライアン・ケラー博士って人が完成させた独自技術なんですって。

QuSomeR(キューソーム)という名前の独自技術なんですけど、キューソームという技術を使うと、ハイドロキノン成分が通常よりもお肌に浸透するようになる。なので、低い濃度でも、それ以上の効果を発揮させることが出来るんですって。

キューソームという技術によって、ハイドロキノンの濃度が1.9%でも、4%と同じ美白効果が得られるようになったのが、ビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」なんです。

これならハイドロキノンの副作用を心配することなく、お肌の美白が出来ますね。

他のハイドロキノン配合美白クリームとの比較

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110)2.5%

プラスキレイ プラスナノHQ 4%

セルビュア ブライトニングクリスタル 5%

サンソリット ホワイトHQクリームv4%

オバジ(OBAGI)ニューダームシステム(オバジ ニューダームクリア)4%

EXFOLE(エクスフォーレ)HD-5クリーム 5%

EUKROMA(ユークロマ)クリーム 4%

ドラッグストアや百貨店で購入可能品

ロート製薬 オバジHQ ブライトニングナイトセラム 配合率非公開

エピステーム HQレーザークリア 配合率非公開

まとめ

こうやてみると、ドラッグストアやデパートで買える商品ってのは、ハイドロキノンの配合率が全然わからないので、対象外ですね。ネットで買えるハイドロキノン配合クリームは、やっぱり4~5%が多いですね。何の心配もなく使えるんだったら、4~5%の中から選べばいいですけど。でも、メーカーさんが大丈夫って言っても、やっぱり心配だし。だったら、出来たら低濃度で、かつ効果が同じくらいあるという商品を選びたい。

だとすると、やっぱりビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」かなって思います。

他にもうひとつ候補を挙げるとすれば、アンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110かな。このアンプルールの美白クリームも、ハイドロキノン配合率2.5%で低濃度だから、他の商品と比べると安心。ビーグレンの美白クリームと同様にトライアルセットがあるから、まずは手軽に試せますしね。そう考えると、アンプルールも悪くない。ん~、どっちが良いか迷っちゃいます。

でも結果的には、ビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」を選びます。なぜかって言うと、配合率1.9%だけど、美白効果は4%と同じ!ということを実験できちんと立証済みだから。なので、納得したうえでビーグレンの美白クリームを選ぶことが出来ますね。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 ハイドロキノンの副作用が心配なあなたにおすすめの美白クリームがこれ All Rights Reserved.